スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピラティスでいつまでも踊れる身体に

ピラティス ラボでピラティスをしているダンサーにお話を聞きました。

「私は25年前からダンスを始め、10年前にNYでピラティスに出会いました。
ライオンキングの舞台中(チーター役でした)首と腰の怪我と痛みを経験し、ダンサーを引退しました。その後、ピラティスや身体のしくみを本格的に学び、今は自分の身体のバランス調整とコンディショニングとして不可欠なものになっていきました。
『ニューヨークシティーバレエのダンサーが怪我をしてピラティスの指導を受け、怪我する前より強い身体になって復帰した』という話があります。
ピラティスをダンスと並行して行うことは、結果的にダンサーを守り、表現の幅を広げていきます。
現役バリバリのダンサーさんはパフォーマンスの更なる向上につながりますし、痛みがある方は軽減していかれています。
怪我してレッスンをお休み中の方でも、あきらめずにコンディショニングとしてピラティスを経験してみてください。
ピラティスは、きっとみなさんが楽しく、怪我せずダンスを続けるお手伝いが出来ると思います!
そして,もっとダンスが好きになるでしょう」

ダンスを楽しく続けていくために身体の基礎づくりにピラティスをとりいれられているんですね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

スポーツ・栄養クリニック

Author:スポーツ・栄養クリニック
〒810-0022 福岡市中央区薬院1丁目5番6号ハイヒルズ1F
TEL:092-716-5550
E-MAIL:info@clinicsn.com

リンク
アクセスカウンター
☆ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 健康ブログ ピラティスへ
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。