スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛みを伴う踊りからの解放

ピラティス ラボでピラティスをしているバレリーナの方にお話をききました。

「私は、3歳から長年バレエを続けてきた中で様々な痛みを経験してきました。
舞台前は、毎週のように整体や痛み止めの注射を打ちに病院に通い、Bad コンディショニングで本番を迎えたこともありました。
医師から“痛い思いするなら辞めればいいのに・・・”と言われ涙したことも・・・。
助教として指導を始めた時に思ったことが、皆それぞれ身体の条件が違うということ。
トゥシューズですぐ立てる子もいれば立てない子も。
そんな時、私の先生からの声かけもありPilatesの道へ進み始めました。
イギリスへPilatesの指導法を学びに行ったときに驚いたことが、スタジオにはロイヤルバレエ団のプロフェッショナルダンサーの方達や、バレエ学校の子供たちがトレーニングに通って来ており、Pilatesがダンストレーニングの一部となっていることでした。
Pilatesそしてジャイロトニックやフランクリンメソッドを学んで気づいたこと。
それは身体を使って表現する自分が、身体の正しい使い方を知らなかったということです。
痛みが出る前に、踊れなくなる前にもっとたくさんのダンサーの方達に正しい身体の使い方に気づいて欲しいなぁと願っています。」

様々な経験したからこそ、ピラティスの良さを実感されていることがよくわかります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

スポーツ・栄養クリニック

Author:スポーツ・栄養クリニック
〒810-0022 福岡市中央区薬院1丁目5番6号ハイヒルズ1F
TEL:092-716-5550
E-MAIL:info@clinicsn.com

リンク
アクセスカウンター
☆ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 健康ブログ ピラティスへ
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。